わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-


バックナンバー
No.28

  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■DTM関連の書籍
──────────────────────────────────
高い声で歌える本―科学的理論にもとづく高音拡張トレーニング

スタインウェイ戦争―誰が日本のピアノ音楽界をだめにしたのか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて- 


 〜No.28  〜   2004/09/27
                          配信数 745部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■目次■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 1.まえがき
 2.音楽制作ダイジェスト その2
 3.徒然なるままに 「オークションのススメ」
 4.あとがき
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■「まえがき」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐

  こんにちは、西尾です。
  
  腱鞘炎という病気をご存知ですか?
 基本的に手首などの使い過ぎでなる病気で、ギタリストなどにとっては職
 業病などと言われていたりします。
 
  最近では、パソコンなどでマウスの使い過ぎでなってしまう人もいると
 聞きます。私の場合はギターも弾くし、マウスも結構使うという手首にと
 っては最悪の状況なので(^^; 結構前から、利き手の反対の左手でマウス
 を使う時間を多くして、右手の負担を減らすように心がけています。
  
  音楽制作などは、さすがに左手でできるほど熟練していないですが、最近
 ではネットサーフィンや一般的なパソコン上の作業では左手でのマウス作業
 も問題なくできるようになってきました。
 
  一旦かかると治りにくいと言われているので、皆さんも気をつけてくださいね。
 
  珍しく長いまえがきでした(^^;
  
‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・
 
 
■「音楽制作ダイジェスト その2」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・
  
  
 ●「DAWソフトの設定」
  
  では、外部の接続が終わったらDAWソフトを立ち上げて、
 DAWソフト側の設定を行います。
  
 
  ソフトの設定はそれぞれのDAWソフトによって違いますので、しっかり
 マニュアルなどを読んで理解しておくことが大切です。
  音楽制作をするのに、設定などに時間をとられるのはイヤですしね。
  
  
 ●「トラックの種類」 
 
  トラックには2種類あり、

   ○「MIDIトラック」・・・・・打ち込みをするトラック
   ○「オーディオトラック」・・レコーディング(録音)するトラック
 
  というようになっています。
  
  参考画像:MIDIトラックとオーディオトラックの設定
  http://dtm-creator.com/course/img/track.jpg
  
  画像は、新たにトラックを追加しようとしている画面です。画面下の
 プロジェクトウインドウにはMIDIトラックとオーディオトラックが一つ
 ずつ設定されています。ですが、見た目上ほとんど違いはありませんよね。
  
  このように、必要に応じてMIDIトラックとオーディオトラックを好きな
 だけ追加して使います。

 
 ●「MIDIトラックの設定」
  
  では、MIDIトラックをで音源の設定をします。MIDIトラックを用意して、
 「out」の項目で、接続した音源あるいはソフトシンセを設定します。
 
  ソフトシンセを使う場合には、前もってVSTインストゥルメントの項目で
 そのソフトシンセを設定しておく必要があります。
  
  ○参考画像:MIDIトラックの設定
  http://dtm-creator.com/course/img/out.jpg
  
  MIDIトラックに関していろいろと設定できる画面です。「out」の項目が
 「Hyper Canvas」に設定してあるのに注目してください。この設定に
 よって、このトラックは「Hyper Canvas」が鳴ることになります。
 
 
  ○参考画像:VSTインストゥルメントの設定
   http://dtm-creator.com/course/img/vsti.jpg
   
  「Hyper Canvas」が設定されていますよね。他にも、楽曲上でソフ
 トシンセを使う場合には、最初にここで設定します。
       
 
  また、MIDIキーボードを接続していて、入力に使う場合には「IN」の項目で
 設定しておく必要があります。
  
  
  さて、設定は終わりです。なんとなく設定が面倒だと感じた方もいるこ
 とと思います(^^; 確かに、設定自体は楽しい作業ではないですが、一度
 マスターしてしまえば一瞬で作業を終えてしまえるので、毎回毎回設定に
 苦労することはないと思います。

  慣れてしまえばこっちのものです(^^)
   
  
‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


■「徒然なるままに」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・

 〜オークションのススメ 3〜
 
 
 ○落札のコツ

  ずばり、結論から言うと、「あまり早く入札しない」ということです。
  
  早く入札してしまうと、どのようなことになるかということを説明します。
  
  まず、「注目されてしまう」ことが挙げられます。
  
  オークションで品物を探していると、その画面には現在の値段と入札件
 数が表示されています。それで、もし入札件数が10とか、そこまでいかな
 くても何件かついていると気になりますよね?
 
  「この商品は人気があるのか?」「お得な物なのかな?」とか思ってつ
 いつい目がいってしまう経験がおありの方もいることと思います。
 私もそうです(^^; 
  
  オークションではやはり多かれ少なかれ「当たり」「はずれ」があります。
 出品物の説明とかを読んでいて、あからさまに「はずれ」なものには
 誰も入札していません。
  
  ですが、やはり「優良な出品物」は入札件数が多い場合が多く注目を集
 めます。
  
  もし、一人で掘り出し物を見つけたとしても、すぐに入札してしまうと、
 他の人の注目=競争相手を増やしてしまう恐れがあります。
  
  そういうわけですので、もし掘り出し物を見つけたらすぐに入札はせず
 に、「ウォッチリスト」などに入れておくのが得策です。
  
  続く。

‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


■「あとがき」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐

  ダイジェストと言いながら、説明が少し詳しくなってる気もしますが(^^;
  
  あくまでダイジェストなんで、うまくまとめながらどんどん進行して
  いきたいと思います。
  
  DTMに関する掲示板です。お気軽にご利用ください。
  
‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・
 相互広告・紹介をしてくださるメルマガ発行者の方を募集しています。
 お気軽にご連絡ください。 
■DTM関連の書籍
─────────────────────────────────
ジャズ・ハノン―ジャズ・ピアノの基礎知識とその練習

ボクの音楽武者修行 新潮文庫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「 わかりやすいDTM講座-MIDIやDAWについて-」
マガジンID:0000130476
著者:西尾周一郎
発行者Webサイト:わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-
ご意見・ご感想はこちらまで:E-mail

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 を利用して発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000130476.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-



COPYRIGHT(C) SYUICHIROU NISHIO ALL RIGHTS RESEREVED.