わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-


バックナンバー
No.36

  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-


 〜No.36 〜   2004/10/21
                          配信数 870部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■目次■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 1.まえがき
 2.音楽制作ダイジェスト その9
 3.おすすめのメルマガ
 4.徒然なるままに 「オークションのススメ」
 5.あとがき
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■「まえがき」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐


  こんにちは、西尾です。
  
  アンケートに回答してくださった方々、大変感謝しております。
  現時点で53名もの方々にご回答いただきました。
  
 まだ回答してない、という方がいましたらまだまだ受付中ですので、
 こちらよりお願いいたします。



  次号あたりで、アンケートの結果を発表したいと思っています。
 暖かい言葉を書いてくれていた方もいて、非常に感激しました。
 今後も頑張っていきます。

 
  それと、アンケートの中で私の曲が聴きたいという方がいました。
 まぁ、あちこちで公開はしているんですが、最近作ったインスト物は
 こんな感じです。
 
 やたらポップな曲ですね(^^;
 ちなみに、この曲で使っているエレピは「無料ではじめるDTM」で紹介
 した「mda ePiano」というフリーのVSTiです。
 (エンディングがわかりやすいです)
  http://dtm-creator.com/course/muryou3.html
  
  
  フリーなのにいい音してますよね。
  
‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・
 
 
■「音楽制作ダイジェスト その9」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・
 
 
 ●「マスタリング」
  
  
  いよいよ音楽制作ダイジェストも終盤です。
 マスタリングが、楽曲制作の最後の作業になります。
 
 
 ●「マスタリングとは」
 
 
  楽曲に対して、最終的に行う音質や音量の調整のことです。
 またCD制作の場合においては、曲間や曲順を決定することもマスタリング
 と呼びます。
 
 
 
  ミキシングとマスタリングの違いをわかりやすくするために、
 比較してみます。
 
 
   ○「ミキシング」:パート(例:ギターやドラムなど)ごとのボリ 
            ュームや音質を調整
   
   ○「マスタリング」:曲全体のボリュームや音質を調整
  
  
  このようになります。
  
  マスタリングは、ステレオファイル(2MIXといいます)に書き出した 
 後に行う作業です。
  
  
  
  ●「コンプとEQ」
  
  
  マスタリングでも主に使われるのはコンプとEQです。
  
  コンプとEQについては本当はミキシングのところで解説すべきだったん
 ですが、忘れていましたので(すみません)今回簡単に解説しておきます。
  
  
  ○「コンプ」:正式名称はコンプレッサーですが、もうネットでも雑誌
         でもほとんどが「コンプ」と表記しています。音を整え
         るエフェクターです。
  
  
  ○「EQ」:イコライザーという音質を変化させるエフェクターです。
       こちらもEQと表記してある場合がほとんどですので、覚えて
       おきましょう。
       
  
  ちなみに、ミキシングの作業においては、コンプの使い方が一番重要だ
 と言われています。
  
  
  
  ●「実際の作業」
  
  
  マスタリングでは最終的な調整をするだけなので、大きな音質変化など
 はさせないのが基本です。積極的な音質変化をするのであれば、ミキシン
 グの段階で行いましょう。
  
  聴きやすいサウンドにするために、EQを少し使うという程度のものです。
 このように最終的にEQをかけることをトータルEQと呼んだりしますが、
 かなり経験を積まないと判断が難しいので、よくわからないのであれば、
 何もしなくても構わないと思います。
 
 
  ●「音質と音量」
  
  
  ご自分の楽曲の入ったCDを作った経験のある方もいると思います。
 市販されているCDなどの音量と、自分で制作したCDの音量の差に気づ
 いたことはありませんか?
 
  最近ではJ-POPなどでも、音量が目一杯上げられて収録されています。
 音量を稼ぎ過ぎという意見もあったりはしますが、やはり音量があった方
 が迫力が出せていいんだと思います。
 
  ですが、この音量を上げるというのは非常に難しいものです。ただ音量
 をあげただけでは音が割れたり潰れたりしてしまいますから。
  プロのエンジニアの方などはコンプでうまく音を整えながら、限界まで
 音量をあげてます。
  
  
  ●「マキシマイザー」
  
  
  この音量と音圧を稼ぐのに特化したコンプの一種のことを、「マキシマ
 イザー」といいます。有名なのは、waves L1というプラグインです。
  http://www.waves.com/default.asp?url=content.asp?id=1222
  
  このプラグインはTDM形式で、Pro ToolsやDigital Performerなどで使
 えます。あまり私も含め読者の方なども使う機会は少ないでしょうが、マ
 キシマイザーの元祖とも言える存在で、覚えておいて損はないと思います。
  
  最近では、いろいろなメーカーから似たようなのがでてるみたいです。
  
  
  ●「フリーソフト」
  
  
  「Sound Engine Free」というソフトがあるのですが、このソフトはフ
 リーとは信じられないくらい高機能で私も使っています。
  
  そして、このソフトには「オートマキシマイズ」という機能があり、
 上で書いたようなL1に似たような機能があります。簡単に音量を稼ぐことが
 できるので、使ってみてはいかがでしょうか。
  http://www.cycleof5th.com/
  
  
  次回は、「CDへ焼く&mp3へのエンコード」についての予定です。
  
  
‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


■「おすすめのメルマガ」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


 ●「1日1分!留学への英語」

 「1日1分!留学への英語」は、英語の読解力UPを目的に、大学の教科書、
 雑誌記事、新聞記事から様々な分野の英文を取り上げ翻訳家の解説とともに
 配信しています。量も程よいです。また、発行者はアメリカに留学中のため、
 アメリカ留学を目指す方にはお得な現地情報も盛りだくさんです。
 TOEFL、TOIECの読解で特に役立つでしょう。

  購読はこちらから
  http://www.mag2.com/m/0000139249.htm


 →最近英語勉強してないので、勉強しないといけません(^^;


 ●「内科医が無料で提供する体に関する面白マガジン!! 」

 現役内科医が毎回わかりやすい切り口でいろいろな、体の出来事に関して
 解説していきます。 自分の体に関して、いろいろ興味あることでしょう!
 リクエストにも出来る限りお答えします。
 是非このメルマガで、体の不思議楽しんでみてください。
     ↓  ↓  ↓
 内科医が無料で提供する体に関する面白マガジン!!
 http://www.mag2.com/m/0000139027.htm


 →以前「まえがき」にて腱鞘炎について書きましたが、体には気をつけた
  いものですね。


 ●「日刊タイトル英語」

 え? 『ラスト・クリスマス』は「最後のクリスマス」じゃない?
 『ジョニー・B・グッド』は、発破をかけるマネージャーの言葉?
 『空が落ちてくる』なのに、「地面が揺れるぅ〜〜!」なの?

 現役の特許翻訳者、福光潤(英検1級 1971年生)が、
 映画・音楽・本の題名を、毎日、文法0%で意訳!

 発音表記はヘンテコな日本語だけど、読めばネイティブ気分!
 ノンネイティブのフクミツが、自らの声で、毎日発音を公開!

 西尾さんのメルマガに触発され、DTMソフトで、毎日、
 英語発音&例文ファイルを作成 → 公開しております!

 1日1粒の英語サプリ! メルマガ『日刊タイトル英語』
      ⇒ http://www.mag2.com/m/0000138625.htm


 →このメルマガの発行者の方は私のメルマガの読者の方なのですが、
  毎日音声付という非常に意欲的なメルマガを発行されています。
  日刊というのには頭が下がりますね(^^;
 

‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・
 相互紹介をしてくださるメルマガ発行者の方を募集しています。
 お気軽にご連絡ください。 E-mail




■「徒然なるままに」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・

 〜オークションのススメ 9〜
 
 
 ●「出品」
 
 
  今回は出品について書きたいと思います。
 出品に関しては、とにかく誠心誠意ということが一番のコツかもしれません(^^;
 
  出品するものが、多少汚れていたり難点があったとしても、それをしっ
 かり明記することで逆に信頼感が得られるように思います。これは私の経
 験からくる考えです。
  
  
  今はM-Audioのキーボードを相当気に入って使っているのですが、このM
 -Audioのキーボードに買い換える時に、以前使っていたキーボードをオー
 クションに出しました。
  
  結構長いこと使っていて、鍵盤が結構黄ばんだりしてたんですよね。
 こんなの売れるのかな〜とも思ったんですが、まぁ中古ショップに持って
 いってもほとんど値が付かないだろうから、ということで出してみました。
 
  もともとそんなに高く売る気はなかったですし、後でトラブルになって
 も困るので、鍵盤の黄ばみに関してもしっかりと説明して、しかもあえて
 ちゃんと黄ばみが写るように写真を撮って、それを公開しました。
  
  
  そうしてオークションが終わってみると・・・、
  
  出品前に予想していた値段よりはるかに高値が付いていました!
  
  
 この時、誠心誠意の大切さを知った気がします(^^)
 

  続く
  
  
‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


■「あとがき」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐

  
  ダイジェストに関しては、サクサクいくとの言葉通り、最近は3日に一
 回のハイペースで発行してきました。
  
  かなり集中してメルマガの執筆に取り組んでいたので、発行回数を増や
 すのは全然苦にはならないんですが、他の作業が遅れてしまっています(^^;
  
  具体的にいうと、私が所属しているゲーム制作のサークルの「アルファ
 ナッツ」での制作と、二人組みで活動しているHi&Byeでの制作です。
  
 自分の音楽制作も頑張らないとなぁ(^^;

  
‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「 わかりやすいDTM講座-MIDIやDAWについて-」
マガジンID:0000130476
著者:西尾周一郎
発行者Webサイト:わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-
ご意見・ご感想はこちらまで:E-mail

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 を利用して発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000130476.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-



COPYRIGHT(C) SYUICHIROU NISHIO ALL RIGHTS RESEREVED.