わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-


バックナンバー
No.40

  
  中学、高校の英語の授業で学んだ文法は本当に身についていますか?
 さらに、英文法の勉強なんてつまらないと思いませんか?

  『学校の授業より身近に、そこらの予備校より分かりやすく』を目標に
 メールマガジン『英文法予備校』を創刊することにいたしました。
 もう2度と文法の勉強したくないという人、『英文法予備校』をどうぞ。

  ↓↓↓TOEICスコア870を獲得した勉強法も紹介。↓↓↓
   http://www.geocities.jp/neojapan_03/yobikou_sample.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-


 〜No.40 〜   2004/11/09
                          配信数 940部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■目次■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 1.まえがき
 2.打ち込み講座 ギター編
 3.メルマガ紹介
 4.MIDI検定受験記!
 5.あとがき
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■「まえがき」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐


  こんにちは、西尾です。
  
  エレキギターは、音色や奏法によっていろいろな名前で音源に収録され
 ているので、少し分かりづらい面もあります。
  
  ですが、今回解説するように大別すると主に2種類と考えることができ
 ますので、一度理解してしまえばそう難しいものでもありません。
  
  また、音色名にあまりとらわれずに、使いたい場面で使いたい音を使う、
 というのも大切だと思います。
  
  
‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


■「打ち込み講座 ギター編」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


  ●「エレキギター

  音源での表記・・・Overdrive Gt、DistortionGt、Clean Gt、Chorus Gt、
           Muted Gt、MutedDis Gt、Gt.Harmonix など。
  
  ギターをアンプなどに繋ぎ、電気的に増幅して音を出します。エフェク
 ターなどによって自由に音を作れるので、音色は無数にあると言えます。
 なので音源などにも多数のエレキギターの音色が収録されています。
  
  
  ロックの代名詞的な存在ですが、ご存知の通り実際にはロック以外でも
 幅広く用いられています。
  
  
  
  ●「エレキの音色
  
  エレキはいろいろな音を作り出せると書きましたが、大きく分けると2
 種類にわけることができます。音源での表記例と併せて書いておきます。
  
  
   ○「クリーン系
  
   Clean Gt(クリーンギター)・・加工していない本来の音色
   
   Chorus Gt(コーラスギター)・・クリーンに、コーラスのエフェクト
                  をかけて広がりを得た音色
   
   Muted Gt(ミュート)・・ギターのミュート奏法に対応した音色です。
               今後の奏法解説で詳しく説明します。
  
  
   ○「歪み系(ひずみ、と読みます)
   
   Overdrive Gt(オーバードライブギター)・・暖かい歪み
   
   DistortionGt(ディストーションギター)・・オーバードライブに比
                        べると鋭い歪み
   
   MutedDis Gt(ミュート)・・ディストーションの音色でミュート奏
                 法をした時の音色。
  
  
  
  エレキギターと言うと、「ギュイーン」というロックギターを連想しが
 ちですが、エレキギター本来の音は非常にクリーンな音です。アンプやエ
 フェクターで歪ませることによって、あの「ギュイーン」という迫力のあ
 る音を出しています。
  
  
  ●「音色名について
  
  
  音源やサンプリングCDなどでは様々な表記がされているとは思います
 が、基本は上に挙げたようになります。
  
  おわかりの通り、ギターは「Gt」と表記されることが多いです。「Gt」
 の前の単語はエフェクターの名前などが多いので、よくわからない音色を
 発見したら、「Gt」の前の単語を検索にかけてみたりして、調べてみると
 良いでしょう。
  
  
  
  ●「その他
  
  ○エレアコ(エレクトリック・アコースティックギター)
  ○エレガット(エレクトリック・ガットギター)
  
  これらは名前の通り、それぞれの生ギターの音を電気的に増幅してアン
 プから音を出せるようにしたものです。特に打ち込みでこれらのギターを
 意識する必要はありません。
 


  次回は「ギターの音の並びとチューニング」についてです。

‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


■「メルマガ紹介」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・・‐・


 ■「1日108秒の英語脳刺激 基礎英語から時事英語まで」
 
 
  私は英語学習にも力を入れていますので(よくサボりますが)、
  メルマガ紹介も自然と英語系のメルマガが多くなってしまいます(^^;
 
  
  「さよならホームラン」、「不良債権」、「液晶テレビ」を、英語で
 どう言うか、あなたはわかりますか? 私は分かりません・・・(^^;
 
  語彙力の日々の強化は、英語力UPにかかせないですよね。
 このメールマガジンはボキャブラリー向上に役立つと思います。
 
 情報収集、頭の体操としてもお勧めです。
 
 登録・詳細→ http://www.mag2.com/m/0000140752.htm



 ■「〜おもしろWeb情報マガジン〜 Web スポット」


  Web上の面白いサイトを毎週紹介しているメルマガです。
 
  世の中にはホントいろんなサイトがありますよね〜。
  
  このメルマガで知ったサイトで「マウス検定試験」っていうのがありま
 す。面白そうだったのでさっそくやってしまいました。やはり音楽制作で
 鍛えられているだけあって(?)一発で合格できました(^^) 皆さんも試
 してはいかが。 http://atama.cside.com/kantei/mouse/
  
  なんだか話がそれてしまいましたが・・、このメルマガでは他にもいろ
 いろと面白いサイトを紹介しているので、購読してみるといろんな発見が
 あって面白いと思いますよ。
  
登録・詳細→  http://www006.upp.so-net.ne.jp/mogura/magazine/


‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・
 相互紹介をしてくださるメルマガ発行者の方を募集しています。
 お気軽にご連絡ください。 E-mail




■「MIDI検定受験記!」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐


  ●「楽器屋にて」

  すでに申し込み用紙にも記入していたので、あっさりと申し込みも終了。
 受け付けてくれたお姉さん(多分電話もこの人だと思うけど)にあれこれ
 話を聞いてみると、どうやら私以外にも数人の申し込みがあるらしい。
  
  
  いるもんだなぁと思ったけど、一人で受験とかも困るので少し安心しま
 した(^^; あと試験会場は楽器屋の奥のスタジオらしい。スタジオなんて
 高校生の時バンド練習で使った以来だなぁ・・・。
  
  
  せっかく楽器屋に来たのでギターの弦やらピックやらを物色したり、レ
 コーディング機器を見たりもしました。
  
  
  書籍のコーナーがあったので、MIDI検定のガイドブックを探してみたら
 ありました。MIDI検定の公式サイトで過去問をpdfで公開してるのを知っ
 ていたので、試験の勉強に関しては過去問を解くだけで何とかするつもり
 だったんですよね。
  
  
  だから、あまりガイドブックは気にしてませんでした。ですが、まぁど
 んなもんかとパラパラと眺めていたんですが、うむむ、意外と良いか  
 も・・・(笑)
  
  試験勉強になるというのはもちろんですが、実用的な打ち込みテクニッ
 クなども書いてあったりして面白そうだったので、買ってしまいました!
  
  MIDI検定3級公式ガイドブック
  
  
  続く


‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


■「あとがき」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐

  メルマガ紹介のところで書いた「マウス検定」。連打する試験があって
 手が攣りそうになりました(笑) DTMをやっていると、結構繊細なマウ
 スの動きが要求されるので、読者の方なども高得点が取れるんじゃないか
 なぁと思います。
  
  
  少し話題が古いですが(^^; 最近思ったことを。
  
  大リーグのリーグ優勝決定シリーズ。
  レッドソックスが、3連敗後の4連勝という驚きの結果を出しましたよね。
 これにはびっくりしましたね。
  
  例えばこれがドラマや映画などのフィクションだとします。
 主役はレッドソックスの選手です。3連敗と追い込まれながら、その後4連勝して
 奇跡の勝利を収めます。
  
  視聴者の中には感動を覚える人ももちろん大勢いますが、それと同時に
 「やはり作り話だなぁ」とか「3連敗の後の4連勝とかあり得ない」と感じる人
 も少なからずいるのではないでしょうか。
  
  
  ですが、現実に起こってしまうところが面白いところです。
  
  「事実は小説よりも奇なり」と言ったのはイギリスの詩人バイロンです
 が、本当にその通りですよね。
  
‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「 わかりやすいDTM講座-MIDIやDAWについて-」
マガジンID:0000130476
著者:西尾周一郎
発行者Webサイト:わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-
ご意見・ご感想はこちらまで:E-mail

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 を利用して発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000130476.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-



COPYRIGHT(C) SYUICHIROU NISHIO ALL RIGHTS RESEREVED.