わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-


バックナンバー
No.43

  
  「毎日無料広告を掲載できる検索エンジン」

 ・ 商品画像を登録できる総合検索エンジン
 ・ 配信メルマガに一行広告、商品広告掲載可能
 ・ 毎日広告が3000部以上に掲載できます。

    GAT SEARCH http://www.gatsearch.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-


 〜No.43 〜   2004/11/29
                          配信数 1027部
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■目次■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 1.まえがき
 2.打ち込み講座 「コードストロークの打ち込み方」
 3.メルマガ紹介 「株主優待・高配当銘柄で安全に儲けたい!」
 4.MIDI検定受験記! 「公式ガイドブック」レビュー
 5.あとがき
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■「まえがき」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐

  こんにちは、西尾です。
  
  今回の号でついに読者数が1000名を突破しました!
 ご購読いただいている皆様には感謝しております。
 
  個人的に1000というのを一つの目標としていたので、嬉しく思います。
  メルマガ業界(?)でも読者数が1000以上というのはある種のステータ
 スらしいですしね。次の目標は10000ですね!何年かかるか分かりません
 が・・・(笑)
  
  
  とにかく、今後も質の高い情報を提供できるように頑張りたいと思いま
 す。今後ともよろしくお願いいたします。
  
  
  今回は1000人突破記念ということで(?)、かなり気合が入って内容的
 にボリュームが多めです。(その分発行が遅れてしまいましたが・・・)
  
  じっくり読んでいただけると幸いです。
  
‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


■「打ち込み講座 ギター編」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


 
  今回は「コードストロークの打ち込み方」についてです。
 サンプルのmp3も用意していますので、音を聴きながら解説を読んでみて
 ください。
 
  まずは、いつものようにサンプルを聴いてみてください。
  
  片方がギターの表現をさせたもの、もう片方がベタ打ちのものです。
  
  http://hiandbye.nobody.jp/sample/stroke01.mp3
  http://hiandbye.nobody.jp/sample/stroke02.mp3
  
  
  ●「2つのサンプルの違い
  
  聴いてもらえれば分かると思います。
 もちろん01の方がギターの表現をさせたものです。
  
  音色はまったく同じものを使っているのですが、打ち込みによって全然
 雰囲気が違って聴こえてしまいます。02はなんかエレピ(注1)みたいに
 も聴こえてしまいますね。

  具体的には、タイミング(音符をずらす)と、ベロシティの変化で表現
 しています。
 
  
  ●「コードストローク
  
  コードストロークは、アコースティックギターや、エレキギターなどで
 バッキング(伴奏)をする上での基本的なテクニックです。幅広い場面で
 用いられるので是非身につけておいてください。
  
  
  まず、コードストロークを打ち込む上での難しいポイントは、
  
  
  1.「ギター特有のヴォイシング
 
  2.「ストローク時の音のずれ
  
  3.「ベロシティ(音の強さ)の設定
  
  
  が挙げられます。このうち1のヴォイシングについては前回説明しまし
 た。今回は「ストローク時の音のずれ」と「ベロシティ」いうポイントを
 解説していきたいと思います。
  
  
  ●「音のずれ??
  
  
  ギターのストロークでは、腕を振り下ろす(振り上げる)ようにして弦
 を弾きます。
  
  ○腕を振り下ろすように弦を弾くのを、ダウンストローク
  
  ○腕を振り上げるように弦を弾くのを、アップストローク
  
  といいます。
  
  
  ダウンストロークを例にとりますと、腕を振り下ろしながら1弦から6弦
 まで全ての弦を弾くわけですが、この時ピックが実際に6弦に当たるとき
 と、1弦に当たるときでは、物理的な関係で時間差が生じます。
  
  これが、ギター独特の「ジャラン」とか「ジャラララン」というような
 音を生み出します。
  
  
  ●「打ち込み方法
  
  
  考え方はシンプルです。音を少しずつ「ずらす」だけです。
  
  ダウンストロークの場合には、一番低い音から順に少しずつ発音を遅ら
 せます。
  
  逆に、アップストロークの場合は、一番高い音から順に少しずつ発音を
 遅らせます。
  
  
  ●「どのくらいずらすのか?
  
  これは曲のテンポによっても変わってくるので、自分の耳で確
 かめながら試行錯誤して欲しいと思います。
  
  基本的には、テンポが遅い曲では少しずらす量を多くして、速い曲では少な
 くします。
  
  とは言いましても、この差は微妙なものです。あまりやり過ぎても逆に
 不自然になってしまうので気をつけてください。
  
  
  ●「ダウンとアップの使い分け
  
  基本はダウンストロークです。
  アップストロークは裏拍で使われます。
  
  
  ∨:ダウンストローク
 
  ∧:アップストローク
  
  拍 1   2   3   4   
  
  a) ∨   ∨   ∨   ∨
  
  http://hiandbye.nobody.jp/sample/stroke03.mp3
  
  b) ∨   ∨ ∨∧∨   ∨ ∨∧
  
  http://hiandbye.nobody.jp/sample/stroke01.mp3
  
  
  その他、ギターのストロークには定番のパターンがたくさんあります。
 もっとパターンを知りたいと言う方は、本などで研究してみてください。
  
  
  ●「ベロシティ
  
  ベロシティはダウンストロークは強めで、アップストロークを弱めにす
 ると自然な感じが出ます。これについては、アップストロークだから弱い
 というよりは、裏拍だから弱くするという考え方の方がわかりやすいかも
 しれません。
  
  また、16分音符(上のbパターンの2拍目と4拍目の終わりの部分)のス
 トロークは低音の2〜3音を弱めにしておくと、高音が強調されて軽快な感
 じが出せます。
  
  
  注1:エレピ・・・エレクトリックピアノのことです。
           エレピと呼ばれる場合が多いです。
           
           
  次回は、「ストロークの打ち込みアレコレ」です。
  

‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


■「メルマガ紹介」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・・‐・

 
  今回は株についてのメルマガです。
  
  株を買うというと、株価が上がったり下がったりということが取り上げ
 られる場合が多いですよね。
  
  ですが、株を保有すると株主優待や配当などが受けられるというメリッ
 トもあります。
  
  外食産業の株であれば食事券などがもらえます。吉野家の株なども、
 「並盛り無料券」欲しさに買っている人も多くいるらしいです(^^)
  
  今回紹介するメルマガで、株主優待などの世界に触れてみるのも面白い
 と思います。
  
  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★★株主優待・高配当銘柄で安全に儲けたい!★★

 長期間にわたって安定的に配当や
 株主優待を得られる銘柄を中心にご紹介します。
 カタログギフトや金券が届くとちょっとリッチで得した気分になりますよ。

 売却益が狙える銘柄も随時おすすめしております。
 銀行の金利に満足していない方は株の世界をのぞいてみませんか?

 こちらからご登録ください→ http://orange.kakiko.com/kabu/hp.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・
 相互紹介をしてくださるメルマガ発行者の方を募集しています。
 お気軽にご連絡ください。E-mail




■「MIDI検定受験記!」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐

  
  ついに、MIDI検定が今週末に迫ってきました。
 あまり勉強してなくて、昨日あたりから慌てて勉強しているところで 
 す・・・(^^;
 
  とりあえず覚えることが多いのでしっかり暗記しないといけませんね。
  
  今日は、以前にも少し紹介した本のレビューです。
  
  
  
 ●「MIDI検定3級 公式ガイドブック」レビュー
  
  この本の良い点は、すぐにでも実践可能なテクニックや考え方が学べる
 ところにあると思います。タイトルから想像されるような理論的な説明ば
 かりな内容ではありません。
  

  ○「打ち込みの音楽的表現
  
  それらの例を具体的に列挙してみます。
  
  ・強弱の目安(ベロシティ)
   5線譜で表記されているf(フォルテ)やp(ピアノ)といった強弱記号は
   具体的にどれくらいのベロシティ値で表されるか。
   
  ・長さの目安(デュレーション)
   普通の音符、あるいはスタッカートやスラーがついている音符の長さ
   はどのくらいの長さで打ち込むか。
  
  ・楽器別の音楽表現方法
   ノリの出し方や、表情の付け方、ピッチベンドの活用
  
  
  このようにMIDIを用いた打ち込みで、実際の音楽をどのように表現する
 かということが解説してあります。内容的には広く浅くという感じで、一
 度目を通しておくと理解が深まると思います。
  
  
  ○「コントロールチェンジ

  また様々な奏法を表現する手段として、コントロールチェンジについて
 も詳しく解説しています。モジュレーション、エクスプレッション、サス
 テインペダル、ポルタメント・・・などなど。
  
  これらのコントロールをしっかりと理解して活用できるようになれば、
 打ち込みでの音楽表現の幅が格段に広がると思います。
  
  このコントロールの解説の項目に関しても、ただの説明だけに終わらず
 実際に使う場面を想定した解説がしてあるので、参考になる内容が多いと
 思います。

 
  ○「まとめ
  
  
  このような内容になっているので、MIDI検定を受検する方以外でも打ち
 込みをしている方や、MIDIに関しての知識を付けたいと思っている方には
 広くおすすめできる本だと思います。
  
  実際、タイトルがもう少し親しみのあるものがついていればもっと売れ
 てるんじゃないかなぁと思ったりもします(笑)
  
  
  目次は以下のURLに出ているので参考にしてください。
  http://www.amei.or.jp/merchan/guidebook3.html
  
  
  続く

‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


■「あとがき」‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐

  
  今月号のデジレコで、ギターのチョーキングやビブラートなどの奏法の
 打ち込み方法が解説されています。
  
  私が書こうと思っていたことが、結構書いてあるので(^^; あらら、と
 か思いながら読んでましたが、非常に参考になるので読んでみてください。
  
  まぁ、このメルマガでは特に誌面の制約等があるわけでもありませんし、
 もっと丁寧に詳しく解説しようと思っています。
  
  
  話は変わりますが、
  
  MIDI規格が誕生した年に私は生まれました。
  MIDI検定の勉強をしていて初めて知った事実なんですが、なんとなく感
 慨深いものがありますね(^^;
  
 
‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・‐・


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メールマガジン「 わかりやすいDTM講座-MIDIやDAWについて-」
マガジンID:0000130476
著者:西尾周一郎
発行者Webサイト:わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-
ご意見・ご感想はこちらまで:E-mail

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 を利用して発行しています。配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000130476.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて-



COPYRIGHT(C) SYUICHIROU NISHIO ALL RIGHTS RESEREVED.