わかりやすい
DTMh 講座





No.0 創刊準備号-DTMで使うパソコン-
No.1 創刊号-DTMで使うパソコン2-
No.2-シーケンスソフト・DAWソフト-
No.3-MIDI ソフトシンセ 外部音源 用語解説-
No.4-DTMソフトの種類-
No.5-ソフトシンセ・ハード音源-
No.6-VST・サンプラー用語解説-
No.7-MIDIキーボード-
No.8-マウス・リアルタイム・ステップ入力-
No.9-オーディオインターフェイス-
No.10-Music Studio-
No.11-機材選びまとめ-
No.12-打ち込みについて・今後の流れ-
No.13-作曲講座・曲作り-
No.14-作曲講座・音楽理論について-
No.15-作曲講座・コード進行-
No.16-打ち込み画面の解説-
No.17-無料で始めるDTM・Microsoft GS-
No.18-無料で始めるDTM・Music Studio-
No.19-VSTi(インストゥルメント)とは-
No.20-打ち込み・ベロシティとは-
No.21-デュレーションとは-
No.22-ドラムの打ち込み-
No.23-ドラムセットについて-
No.24-ベースの種類・打ち込み-
No.25-ベースアレンジ・ルート弾き-
No.26-ベースの打ち込み-
No.27-音源の接続方法-
No.28-DAWソフトの設定-
No.29-作曲・アレンジ、打ち込み-
No.30-ドラムループ素材-
No.31-レコーディング-
No.32-ミキシングとは-
No.33-MIDIファイルとして公開する-
No.34-オーディオデータとして公開する-
No.35-音楽関連のメルマガ紹介-
No.36-マスタリングとは-
No.37-CDへ焼く&mp3へのエンコード-
No.38-ギターの打ち込み-
No.39-ギターの種類-
No.40-エレキギターの音色-
No.41-ギターの音の並びとチューニング-
No.42-ギターのヴォイシング-
No.43-コードストロークの打ち込み方-
No.44-ストロークの打ち込みアレコレ-
No.45-MIDI検定受験記! 最終回-
No.46-『CubaseNews!!!』紹介-
No.47-パワーコードの打ち込み-
No.48-ブリッジミュートの打ち込み-
No.49-ネットラジオ「DTM天国」-
No.50-オーディオインターフェイス-
No.51-サウンドカード?オーディオカード?-



 -楽器ショップ等-

DTM講座トップ     DTMのメルマガ                        

メルマガ バックナンバー



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて- 

 〜No.44  〜   2004/12/07            配信数 1040部
        
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■目次■
──────────────────────────────────
 
 1.まえがき
 2.打ち込み講座 「ストロークの打ち込みアレコレ」
 3.メルマガ紹介 「映画の素敵な一言を英語のまま覚えちゃおう!」
 4.あとがき

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「1」まえがき
──────────────────────────────────

  こんにちは、西尾です。
  
  最近の本編の内容はなかなか本格的な内容になっていますね(^^;
  
  本格的に打ち込みを始めている方であれば問題ないと思いますが、初心
 者の方や、これからDTMを始めようと思っている方なども多いでしょうか
 ら少し心配しています・・・。
  
  ですから、このギター講座が一段落しましたら、初心者や未経験者向け
 の内容を予定しています。
  
  打ち込みとかDAWうんぬん以前の、DTMではどのようなことができるのか
 といったことや、それに関連して紹介したいフリーソフトなどもいくつか
 ピックアップしてあります。
  
  少し先の話にはなってしまいますが、DTMを気軽に始めてもらえるよう
 な内容を考えています。お楽しみに。
  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「2」打ち込み講座 ギター編
──────────────────────────────────


 ●「ストロークの打ち込みアレコレ」
  
           
  今回は、「ストロークの打ち込みアレコレ」です。
  いろいろと参考になると思う話を、コラム形式(?)で書いています。
  
  技術的な内容も大切ですが、今回のようなノウハウ的なことも役に立つ
 のではないかと思っています。
  
  

 ●「自分だけの素材を持つ」
 
  前回、ギターのストロークを打ち込むポイントを解説しましたが、
 なかなか面倒です。ハイ(^^;
 
  音符をずらすのも加減を調整しながら作業するのはなかなか大変ですし、
 ギターのヴォイシングを毎回考えなければいけないもの面倒です。
  
  
  ですのでストロークが入った曲を作るたびに、一から打ち込んでいたの
 では時間がかかって仕方ありません。
  
  
  そこで効率よく作業するための方法としては、
  
  「一度打ち込んだものを使いまわす」という方法があります!
  
  
  ギターを打ち込むために曲を作っているのではなくて、曲を作るために
 ギターを打ち込んでいるわけですから、力を抜くところはうまく抜いて効
 率良く作業をすることも大切だと思います。
  
  
  具体的には、例えば一度打ち込んだものはコード別に分類したり、リズ
 ムパターン別に分類したりして、とにかく自分が使いやすいように整理し
 て保存しておき、必要に応じてコピーして修正を加えたりしてうまく使い
 ます。
  
  もちろん、場合によってはやむなく一から打ち込まざるをえない状況も
 あると思いますが、ギターのストロークパターンは定番とも言えるものが
 いくつもありますので、そのようなものをストックしておくとなかなか便
 利です。
  
  このような方法はギターのストロークに限らず、ドラムなどでも活用で
 きる考え方なので、是非とも自分なりの効率よい環境を作り上げてください。
  
  
  
 ●「アコギのストローク」
 
  前回のメルマガでのサンプルは、エレキギターのクリーンの音色でした。
  
  ストロークというとアコギでの場合が多いように思うんですが、エレキ
 ギターにしたのは少し訳があります。
  
  それは、個人的な意見ですが「アコギの打ち込みはいい音がしない」か
 らです(^^;
  
  正確に言うと、ストロークで生演奏のようなリアルさが出せないという
 ことです。
  
  今までいろいろと、アコギのサンプルを使ってきましたが、なかなかリ
 アルな音を出すものが少ないように思います。
  
  単音で演奏させるとかなり良い感じになるものはたくさんあるのですが、
 コードストロークをさせてみると、とたんに機械っぽさが出てしまいます。
  
  もちろん、私の打ち込み技術の問題もあるかもしれませんが、同じデー
 タをエレキギターで演奏させるとそれなりに聴こえるんですよね。
  
  やはりアコギが持つ生楽器の空気感などは再現が難しいのかもしれません。

  今後もサンプリングCDなどを漁ってみたりして、よいサンプルを探した
 いなぁと思っております。高くて手が出ないのもありますし(^^;
  
  アコギのマルチサンプル物で、良いサンプリングCDなどありましたら是
 非教えてください。


  ●「技術論と機材論??」
  
  
  さて、アコギを例にした話でも少し触れていますが、
  
  「機材も大切」です!(^^;
  
  
  どんなに優れた打ち込み技術を持っていても、それを鳴らす音源がとて
 つもなく質の低いものであれば、宝の持ち腐れとなってしまいます。
  
  ギターの打ち込みに関しても、どんなに工夫して打ち込んでもギターら
 しいリアルな音が出せない、という方がいるかもしれません。
  
  それは、もしかしたら音源に原因があるのかもしれません。質の良い音
 源に変えただけで、同じデータでも全然違った音になる可能性があります。
  
  
  もちろん、自分の技術不足・努力不足を棚に上げて機材の良し悪しだけ
 に走るのはよくありませんが、質の良い音を作り出そうと思ったら機材の
 選択も重要になってくるのは当然のことだと思います。
  
  
  
  要するに技術と・機材、両方が揃って最終的によい結果が生み出される
 のではないでしょうか。
  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「3」メルマガ紹介
──────────────────────────────────
 
  ●「映画の素敵な一言を英語のまま覚えちゃおう!」

 映画と英語が好きな作者が、映画の中から感動したセリフや面白い言い回
 しをピックアップして解説しています。

 映画は生きた英語を学ぶ最良の場所です。最近のDVDは非常に便利で、字
 幕や音声を自由に日本語と英語とで切り替えられるようになっています。、
 
 なので、勉強するのに非常に便利ですよね。

 楽しい、感動した、面白い表現を、このメルマガで覚えましょう。
 字幕なしで映画が観れるようになったら素敵ですよね。

  購読登録は → http://www.mag2.com/m/0000093147.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「5」あとがき
──────────────────────────────────
  
  5日にMIDI検定を受験してきました。
 自己採点をしてみると、100問中正解が99問でした。なんか悔しいですね(^^;

 ちなみに間違えた問題は、

 「ピッチベンドレンジを変更するために使う、コントロールナンバー101の
  RPNのMSBの値を問う問題」

 でした・・・。なかなかマニアックな問題ですよね〜(^^;
  

  受験して改めて思ったことや、総まとめ的なことを今号の「MIDI検定受
 験記」にて掲載する予定だったんですが、書いていたらかなりの長文にな
 ってしまいました(^^; 
  
  ですので、近々特集号(?)のような形で配信することにしました。
 MIDI検定についていろいろと語っていますので、お楽しみに。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「 わかりやすいDTM講座-MIDIやDAWについて-」 マガジンID:0000130476
 著者:西尾周一郎
 Webサイト: http://dtm-creator.com/course/
 登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000130476.htm
 Copyright (c) 2004 Shuichirou Nishio. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 -関連リンク-



バックナンバートップへ戻る

トップへ戻る


  Copyright(c)2005 SHUUICHIROU NISHIO All rights reserved.