わかりやすい
DTMh 講座





No.0 創刊準備号-DTMで使うパソコン-
No.1 創刊号-DTMで使うパソコン2-
No.2-シーケンスソフト・DAWソフト-
No.3-MIDI ソフトシンセ 外部音源 用語解説-
No.4-DTMソフトの種類-
No.5-ソフトシンセ・ハード音源-
No.6-VST・サンプラー用語解説-
No.7-MIDIキーボード-
No.8-マウス・リアルタイム・ステップ入力-
No.9-オーディオインターフェイス-
No.10-Music Studio-
No.11-機材選びまとめ-
No.12-打ち込みについて・今後の流れ-
No.13-作曲講座・曲作り-
No.14-作曲講座・音楽理論について-
No.15-作曲講座・コード進行-
No.16-打ち込み画面の解説-
No.17-無料で始めるDTM・Microsoft GS-
No.18-無料で始めるDTM・Music Studio-
No.19-VSTi(インストゥルメント)とは-
No.20-打ち込み・ベロシティとは-
No.21-デュレーションとは-
No.22-ドラムの打ち込み-
No.23-ドラムセットについて-
No.24-ベースの種類・打ち込み-
No.25-ベースアレンジ・ルート弾き-
No.26-ベースの打ち込み-
No.27-音源の接続方法-
No.28-DAWソフトの設定-
No.29-作曲・アレンジ、打ち込み-
No.30-ドラムループ素材-
No.31-レコーディング-
No.32-ミキシングとは-
No.33-MIDIファイルとして公開する-
No.34-オーディオデータとして公開する-
No.35-音楽関連のメルマガ紹介-
No.36-マスタリングとは-
No.37-CDへ焼く&mp3へのエンコード-
No.38-ギターの打ち込み-
No.39-ギターの種類-
No.40-エレキギターの音色-
No.41-ギターの音の並びとチューニング-
No.42-ギターのヴォイシング-
No.43-コードストロークの打ち込み方-
No.44-ストロークの打ち込みアレコレ-
No.45-MIDI検定受験記! 最終回-
No.46-『CubaseNews!!!』紹介-
No.47-パワーコードの打ち込み-
No.48-ブリッジミュートの打ち込み-
No.49-ネットラジオ「DTM天国」-
No.50-オーディオインターフェイス-
No.51-サウンドカード?オーディオカード?-



 -楽器ショップ等-

DTM講座トップ     DTMのメルマガ                        

メルマガ バックナンバー



 ■参考書籍

 「DTM打ち込み ギター師匠」
 http://tinyurl.com/68v9t

 「打ち込みのためのDTMコード・ブック―キーボード、ギター、ベースの
  コードがすぐわかる!」
 http://tinyurl.com/5t6ya

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて- 

 〜No.47  〜   2004/03/03            配信数 1191部

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■目次■
──────────────────────────────────
 
 1.まえがき
 2.打ち込み講座 ギター編 パワーコード
 3.メルマガ紹介 
 4.あとがき


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「1」まえがき
──────────────────────────────────

  お久しぶりです、西尾です。
  
  随分間が空いてしまいました。すみません。
 なかなか時間をとることができず、発行できませんでした。
  
  ですが、この講座やメルマガに対するモチベーションを失ったわけでは
 ありませんので、その点は大丈夫です。
  
  いろいろと一段落がつきましたので、今後はまた定期的に配信できるよ
 う頑張っていきたいと思っています。
  
  
  今回はサンプルを用意しています。是非聴いてみてください。
  



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「2」打ち込み講座 ギター編 パワーコード
──────────────────────────────────
  
  ●「パワーコード(五度コード)」
  
  
  今回はエレキギターで用いられる「パワーコード」についてです。
  
  これは技術的な奏法というより、実質的にはヴォイシング(和音の構成)
 に関するものです。
  
  非常によく用いられる奏法なのでよく理解して使えるようにしておくと
 よいと思います。
  
  今回はハードロックちっくなデモを作ってみました。
 エレキギターに注目して聞いてみてください。
  
  http://hiandbye.nobody.jp/sample/power.mp3
  
  
  ●「サンプルについて」
  
  
  さて、聴いていただけましたでしょうか。
 ギターを前面に押し出したサンプルとなっていますが、このギターのコー
 ドストロークでは全てパワーコードを使っています。
 
  なんとなくこういう雰囲気のものだ、ということは感じていただけるか
 と思います。その名の通りパワーと迫力を感じる音になりますよね。
  
  ちなみにこのサンプルでは、片方のチャンネル(LかRか)に打ち込みのギター、
 もう一方のチャンネルに実際にエレキギターの演奏を録音したものを使っています。
  
  まぁ聴いていただければすぐに分かると思います(^^)
 本物のギターに似せて打ち込んではいますが、やはり機械っぽさが感じら
 れますし。
 
 
  ・・・・そこじゃなくて、演奏しているギターが下手だからすぐ分かる
 という声も聞こえてきそうですが(汗、、)
  
  
  
  
  ●「パワーコード(五度コード)とは」
  
  
  パワーコードは、
  
  「ルート音」と「五度の音」の二音から構成される和音のことです。
  
  
  それゆえ、五度コードと呼ばれます。


   パワーコードでは、メジャーコードかマイナーコードかを決定する「三度」
 の音がありませんので、どちらの場面でも使うことができます。

  要するに、CのパワーコードはCメジャーの場面でもCマイナーの場面でも
 使うことができます。なかなか便利ですね。
 
  
  
  ●「ルート、五度」
  
  
  多少理論的な話になりますが、そう難しくもないですので簡単に解説し
 ておきます。
  
  以前にも解説しましたが、ルート音とは日本語でいうと「根音」のこと
 で、それぞれの和音の中で一番大切な音です。
  
  例をあげると、
  
  Cであれば「ド」
  Fであれば「ファ」
  
  という感じです。
  
  そして「五度の音」というのはルート音から数えて五番目の音です。
  
  先ほどの例の続きでいきますと、Cというコードでは「ド」がルート音
 ですので、
  
  ド(一度)レ(二度)ミ(三度)ファ(四度)ソ(五度)と数えるので、
  
  五番目の音は「ソ」です。
  
  
   ○C ルート音→ド  五度音→ソ
   ○F ルート音→ファ 五度音→ド
   ○G ルート音→ソ  五度音→レ
   
   という感じです。
  
  このルート音と五度音の関係は覚えておくとよいと思います。
  
  
  参考画像:パワーコードの例
  http://dtm-creator.com/course/img/power.jpg
  

  ●「使われる場面」
  
  
  代表的なのは、ハードロックやへビィメタルのギターですね。
  これらのジャンルの定番として使われていますが、爽やかなロックやポ
 ップでもよく使われます。
  
  エレキギターを強く歪ませた音色(ディストーションなどを強くかけた
 場合)では音数が多い和音を演奏しても濁ってしまいます。
  
  なので音数を減らしたい場合に効果的ですし、独特の迫力のあるサウン
 ドが出せるので好まれてよく使われます。
  
  私も実際によく使いますね。
  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「3」メルマガ紹介
──────────────────────────────────
 
 今回紹介するメルマガは、読者数が凄まじいです・・・(^^;
 すごい・・・。
 
 ネットビジネスやウェブ系クリエイターに興味があるのなら購読をおすす
 めします。
 
 
 ▼やったあ!毎日5分でWEBクリエイターになれる! 
 http://www.mag2.com/m/0000113225.htm
 ネットビジネスのための一口メモ。さらりと読める今日のヒントです。

  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「4」あとがき
──────────────────────────────────
  
  久々の発行で戸惑いました(^^;
 文章を書くのが遅くなってたりして・・・。
  
  今回は画像も使いましたが、やはり文字ばかりより音があったり画像が
 あった方が理解しやすいし、とっつき易いですよね。
  
  今後もなるべく画像などを公開していければと思ってます。
  
  
  さて、今月のデジレコは「音楽専用パソコンを考える!」という企画を
 やっています。こういうの読むと新しいパソコンが欲しくなりますね。
  
  まぁ新しいパソコンとは言わなくてもCPUの換装とかメモリの増設をし
 たいなぁとか思ったり・・・。物欲は尽きませんね(笑)
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「 わかりやすいDTM講座-MIDIやDAWについて-」 マガジンID:0000130476
 著者:西尾周一郎
 Webサイト: http://dtm-creator.com/course/
 登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000130476.htm
 Copyright (c) 2004 Shuichirou Nishio. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 相互紹介も募集中です。  
   
 「CubaseSL3」
 http://tinyurl.com/6s368

 「Virtual Guitarist Electric Edition」
 http://tinyurl.com/4fp8v


 -関連リンク-



バックナンバートップへ戻る

トップへ戻る


  Copyright(c)2005 SHUUICHIROU NISHIO All rights reserved.