わかりやすい
DTMh 講座





No.0 創刊準備号-DTMで使うパソコン-
No.1 創刊号-DTMで使うパソコン2-
No.2-シーケンスソフト・DAWソフト-
No.3-MIDI ソフトシンセ 外部音源 用語解説-
No.4-DTMソフトの種類-
No.5-ソフトシンセ・ハード音源-
No.6-VST・サンプラー用語解説-
No.7-MIDIキーボード-
No.8-マウス・リアルタイム・ステップ入力-
No.9-オーディオインターフェイス-
No.10-Music Studio-
No.11-機材選びまとめ-
No.12-打ち込みについて・今後の流れ-
No.13-作曲講座・曲作り-
No.14-作曲講座・音楽理論について-
No.15-作曲講座・コード進行-
No.16-打ち込み画面の解説-
No.17-無料で始めるDTM・Microsoft GS-
No.18-無料で始めるDTM・Music Studio-
No.19-VSTi(インストゥルメント)とは-
No.20-打ち込み・ベロシティとは-
No.21-デュレーションとは-
No.22-ドラムの打ち込み-
No.23-ドラムセットについて-
No.24-ベースの種類・打ち込み-
No.25-ベースアレンジ・ルート弾き-
No.26-ベースの打ち込み-
No.27-音源の接続方法-
No.28-DAWソフトの設定-
No.29-作曲・アレンジ、打ち込み-
No.30-ドラムループ素材-
No.31-レコーディング-
No.32-ミキシングとは-
No.33-MIDIファイルとして公開する-
No.34-オーディオデータとして公開する-
No.35-音楽関連のメルマガ紹介-
No.36-マスタリングとは-
No.37-CDへ焼く&mp3へのエンコード-
No.38-ギターの打ち込み-
No.39-ギターの種類-
No.40-エレキギターの音色-
No.41-ギターの音の並びとチューニング-
No.42-ギターのヴォイシング-
No.43-コードストロークの打ち込み方-
No.44-ストロークの打ち込みアレコレ-
No.45-MIDI検定受験記! 最終回-
No.46-『CubaseNews!!!』紹介-
No.47-パワーコードの打ち込み-
No.48-ブリッジミュートの打ち込み-
No.49-ネットラジオ「DTM天国」-
No.50-オーディオインターフェイス-
No.51-サウンドカード?オーディオカード?-


 -楽器ショップ等-

DTM講座トップ     DTMのメルマガ                        

メルマガ バックナンバー



「あぁ、せめて週に1冊、ビジネス書が読めたら…」(無料メルマガ)

最新ビジネス書を週1冊厳選し、あらすじをメールでご提供します。(無料)
あなたは、メールチェックのついでに30秒ほど、目を通すだけ。週1冊、概
要がつかめちゃいます。時間もお金もかけず読んだフリしちゃいましょう! 
詳細&登録→ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U0CVO+8RJREA+7HG+NY1YB 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて- 

 〜No.50  〜   2005/04/28            配信数 1303部

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■目次■
──────────────────────────────────
 
 1.まえがき
 2.オーディオインターフェイス
 3.あとがき


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「1」まえがき
──────────────────────────────────

 こんにちは、西尾です。
 
 またご無沙汰しておりまして、すみません(^^;
 サイトの改装などいろいろやっておりました。
 
 サイトをご覧の方はご存知かと思いますが、ついに改装が形になってきま
 した!
 
 http://dtm-creator.com/course/
 
 まだ以前のデザインのままだっだりするページも多々あるのですが(^^;
 
 それはそうと大分すっきりしました。
 
 以前のデザインは長期に渡ってその場しのぎの作業でやっていたので、か
 なりごちゃごちゃした見た目になってましたし、下層ページでは全体の中
 での今のページの位置がわかりにくいというのも自覚していた欠点でした。
 
 今回の更新で課題にしてた部分がほとんど解消されたんじゃないかと思っ
 てます。
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「2」オーディオインターフェイス
──────────────────────────────────
  
 ここのところずっと「打ち込み講座」の内容(しかもかなり本気な(^^;)
 ばかりでしたので、しばらくは気軽に読んでもらえるような内容にしたいと
 思います。
 

 
 ○「DTMの質問・疑問」
 
 こういう内容のメルマガやサイトをやっていると、やはりDTM関連の質問
 を掲示板やメールなどで受けます。それらの質問・疑問などは同じような
 内容のものも多く、あぁやっぱりこういうのはわかりにくいんだなぁと思
 うこともしばしばです。
 
 ですので経験上、「DTMのこの部分は理解しにくい」というポイントをい
 くつか挙げて解説していきたいと思います。
  
  
  
  ○「オーディオインターフェイス」
  
  今回の話題は「オーディオインターフェイス」です。
  
  機材関連の質問は多いのですが、中でもこのオーディオインターフェイ
 スに関するものが抜群に多い気がします。
  
  基本的なことは以前のこのメルマガで書いたことを、以下のサイトにア
 ップしてますので、読んでいただければと思うのですが・・・、
 http://dtm-creator.com/course/interface.html

 重要なのは、

「役割とかについてはよくわかったけど、じゃぁどれを選べばいいの?」

 ってことなんですよね。ごもっとも。


 正直、オーディオインターフェイス選びはそれなりの知識がないと難しく、
 また説明しようにも解説者泣かせのところがあります(^^;

 今回は接続方式の分類で解説します。


 さて、今後はどうなるか知りませんが現段階では主に、
 以下のような3タイプがあります。

 ○「PCI」・・安定度抜群
 参考:M-AUDIO Delta Audiophile 2496 
 http://tinyurl.com/e4xjb

 ○「USB」・・安定度は少し難ありか・・(ドライバにも依存)手軽に導入できる。
 参考:M-AUDIO Audiophile USB
 http://tinyurl.com/8t7hj

 ○「FireWire(IEEE1394)」・・未来のスタンダード?まだ全体として数
 は少ないがしっかりした製品が多いという印象。
 参考:M-AUDIO FireWire SOLO
 http://tinyurl.com/c9cjs

 さて、細々と解説しだすと長くなりますので(^^; 率直に私の意見を
 書いておきますので参考にしてください。

 ある程度本気で音楽をやるという前提で、

 ■デスクトップ型のPCでPCIスロットに空きがあるなら→PCI接続型

 ■PCIが使えない人、あるいはノートパソコンの人→FireWire接続型

 USB接続のものは安価なものも多く手軽でよいのですが、安定性が悪かっ
 たり、ノイズを拾ったり(バス電源のもの)ということもよくあります。
 もちろんUSBのものでもしっかりした製品もありますが。


 続く


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「3」あとがき
──────────────────────────────────
  
 メルマガ界のカリスマ、石田さんが新たに本を出版されました。

 「1億稼ぐ! メールマガジン私の方法 銀行口座380円が2億円になった理由」
 http://tinyurl.com/ddhpc

 かなり有名な方なので知っている方も多いと思いかもしれませんね。
 あの「毎日1分!英字新聞」を発行している方です。 
 http://www.mag2.com/m/0000046293.html

 この方は本当にすごいですよ〜。

 私もAmazonで注文してしまいました。
 届くのが楽しみです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「 わかりやすいDTM講座-MIDIやDAWについて-」 マガジンID:0000130476
 著者:西尾周一郎
 Webサイト: http://dtm-creator.com/course/
 配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000130476.htm
 メルマガ内の文章の無断転載を禁じます。
  Copyright (c) 2005 Shuichirou Nishio. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




 -関連リンク-



バックナンバートップへ戻る

トップへ戻る


  Copyright(c)2005 SHUUICHIROU NISHIO All rights reserved.