わかりやすい
DTMh 講座





No.0 創刊準備号-DTMで使うパソコン-
No.1 創刊号-DTMで使うパソコン2-
No.2-シーケンスソフト・DAWソフト-
No.3-MIDI ソフトシンセ 外部音源 用語解説-
No.4-DTMソフトの種類-
No.5-ソフトシンセ・ハード音源-
No.6-VST・サンプラー用語解説-
No.7-MIDIキーボード-
No.8-マウス・リアルタイム・ステップ入力-
No.9-オーディオインターフェイス-
No.10-Music Studio-
No.11-機材選びまとめ-
No.12-打ち込みについて・今後の流れ-
No.13-作曲講座・曲作り-
No.14-作曲講座・音楽理論について-
No.15-作曲講座・コード進行-
No.16-打ち込み画面の解説-
No.17-無料で始めるDTM・Microsoft GS-
No.18-無料で始めるDTM・Music Studio-
No.19-VSTi(インストゥルメント)とは-
No.20-打ち込み・ベロシティとは-
No.21-デュレーションとは-
No.22-ドラムの打ち込み-
No.23-ドラムセットについて-
No.24-ベースの種類・打ち込み-
No.25-ベースアレンジ・ルート弾き-
No.26-ベースの打ち込み-
No.27-音源の接続方法-
No.28-DAWソフトの設定-
No.29-作曲・アレンジ、打ち込み-
No.30-ドラムループ素材-
No.31-レコーディング-
No.32-ミキシングとは-
No.33-MIDIファイルとして公開する-
No.34-オーディオデータとして公開する-
No.35-音楽関連のメルマガ紹介-
No.36-マスタリングとは-
No.37-CDへ焼く&mp3へのエンコード-
No.38-ギターの打ち込み-
No.39-ギターの種類-
No.40-エレキギターの音色-
No.41-ギターの音の並びとチューニング-
No.42-ギターのヴォイシング-
No.43-コードストロークの打ち込み方-
No.44-ストロークの打ち込みアレコレ-
No.45-MIDI検定受験記! 最終回-
No.46-『CubaseNews!!!』紹介-
No.47-パワーコードの打ち込み-
No.48-ブリッジミュートの打ち込み-
No.49-ネットラジオ「DTM天国」-
No.50-オーディオインターフェイス-
No.51-サウンドカード?オーディオカード?-



 -楽器ショップ等-

DTM講座トップ     DTMのメルマガ                        

メルマガ バックナンバー



 
 福光さんのメルマガ、てっきりネイティブの方の音声かと思ってたらなん
 とご本人でした(^^; さすがに発音うまいですね。
 
 元祖★タイトル英語学習メルマガ
   『日刊タイトル英語』 1日1粒の英語サプリ!
    http://www.mag2.com/m/0000138625.htm
    
 続きはあとがきで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 わかりやすいDTM講座 -MIDIやDAWについて- 

 〜No.51  〜   2005/05/01            配信数 1303部

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■目次■
──────────────────────────────────
 
 1.まえがき
 2.サウンドカード?オーディオカード?
 3.あとがき


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「1」まえがき
──────────────────────────────────

 こんにちは、西尾です。
 
 数々のDTM関連の書籍などを執筆されている藤本さんが、新しく本を出版 
 されました。藤本さんと言えば、All AboutのDTMカテゴリのガイドを務
 めていることでも有名ですよね。
 http://allabout.co.jp/entertainment/dtm/
 
 
 「コンプリートDTMガイド・ブック―完全DTM読本」
 http://tinyurl.com/999g5
 
 現在のDTM事情をうまく解説した入門書っていうのがなかったんですよね。
 そのことを以前から残念に思っていたので、この本の登場は私としても嬉
 しいところです。
 
 初心者の方などにおすすめする本としては、しばらくはこの本になりそう
 です(^^)
 
 目次
 http://allabout.co.jp/entertainment/dtm/closeup/CU20050425B/index.htm
 
 著者による紹介
 http://allabout.co.jp/entertainment/dtm/closeup/CU20050425A/index.htm
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「2」サウンドカード?オーディオカード?
──────────────────────────────────
  
 「オーディオインターフェイスとは」
 http://dtm-creator.com/course/interface.html
 
 
 
 引き続きオーディオインターフェイスの話題なのですが、
 
 ・オーディオインターフェイス
 ・サウンドカード
 ・オーディオカード
 
 皆さん、これらの違いわかりますか?
 
 
 このあたりもヤヤコシイところですね。
 
 オーディオインターフェイスというのは、何度も解説しているところでは
 ありますが、
 
 「パソコンでの音の録音・再生を担当しているパーツの総称」です。
 
 この「総称」というのがポイントです。要するにオーディオインターフェイス
 と一言でいってもいろいろな形態(接続方式による違いなど)があるわけです。 


 サウンドカード・オーディオカードというのは、オーディオインターフェ
 イスの中の一つのカテゴリといったところです。
 
 
 イメージ的には以下のようになります。
 
 [オーディオインターフェイス]
  ・サウンドカード・オーディオカード
  ・USBオーディオインターフェイス
  ・FireWireオーディオインターフェイス
 
 
 サウンドカード・オーディオカードというのは、オーディオインターフェ
 イスの中でPCIスロットに接続するタイプのものをこのように呼びます。
 
 PCIカードという言い方もするので、そこからとってサウンド「カード」
 というようにカードと呼ばれる理由です。まぁこのあたりはDTM関係なし
 に、パソコン自体に詳しい方であればよく理解できるところだと思います。
 
 
 ところで、肝心のサウンドカードとオーディオカードの違いですが、実は
 製品の種類としては全く同じもので、明確な区別はありません。
 
 ただ、初めからパソコンについているようなものをサウンドカードと呼び、
 音楽制作用の少し高価な部類のものをオーディオカードと呼びます。
 
 
 何じゃそりゃ〜、という感じもしますが・・まぁ私にもこういう使い分け
 になった経緯は知りません(^^; ある種のプライドか何かの表れなのかも
 しれませんね〜。DTMの謎の一つです(^^;
 
 
 (蛇足)
 
 やっぱりいろんな用語が多いですね〜。DTM用語だけじゃなくて、パソコ
 ン自体の用語もある程度知っていないと困る部分があります。
 
 このあたりは、DTM初心者でなおかつパソコン自体にも初心者だったりす
 る方には厳しいところかもしれません(^^;
 
 オーディオインターフェイスを選ぶとなると、曲を作る云々という以前に
 自分のパソコンにはUSBとかFireWireが付いているのかどうか、あるいは
 いくつ空きがあるのかとか把握してないといけないですからね。
 
 
 続く


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「3」あとがき
──────────────────────────────────
 
 3/27日に受けたTOEICの結果が返ってきましたが、665点でした。
 個人的なノルマを700点に掲げていましたので悔しいところです・・・。
 
 自宅で取り組んだ本番形式の模試では700超えてたんだけどなぁ、やはり
 実際の試験だと緊張とかで実力が発揮しにくいのかも・・。頑張ろう。
 
 英語のメルマガもいくつか購読しているのですが、冒頭にも書いた福光さ
 んのメルマガはかなり面白いです。
 
    『日刊タイトル英語』 1日1粒の英語サプリ!
    http://www.mag2.com/m/0000138625.htm
    
 様々な英語のタイトルと、それにまつわる豊富な話題が取り上げられてい
 て読むだけでも面白いですし、関連する例文も用意されているので普通に
 勉強になります。
 
 またその例文に関しても、実用的なものであったり、ユーモアのある文章
 だったりして、巷にある参考書のような眠たい例文(^^; とは違って
 いるのも嬉しいところですね。
 
 
 ところで、執筆者の福光さんはなんとTOEIC955点!
 う〜ん、そこまで何年かかるかな・・・(汗、、)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「 わかりやすいDTM講座-MIDIやDAWについて-」 マガジンID:0000130476
 著者:西尾周一郎
 Webサイト: http://dtm-creator.com/course/
 登録はこちら http://www.mag2.com/m/0000130476.htm
 メルマガ内の文章の無断転載を禁じます。
  Copyright (c) 2005 Shuichirou Nishio. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 -関連リンク-



バックナンバートップへ戻る

トップへ戻る


  Copyright(c)2005 SHUUICHIROU NISHIO All rights reserved.