わかりやすい
DTM 講座




 00.「MIDI検定とは」

 MIDI検定について書いています。

 01.「申し込み」

 申し込みの手順などです。


 02.「楽器店にて」

 楽器店に申し込みに行った時の内容です。


 03.「過去問に挑戦」

 実際に過去問を解いてみたことと、難しい問題
などについて書いています。


 04.「MIDI検定3級公式ガイドブック レビュー」

 丁寧に読んでみてその感想です。


 05.「受験当日」

 受験当日の様子です。


 06.「総括1 受験するメリット」

 受験することによってのメリットなどについてです。


 07.「総括2 難度や必要知識、まとめ」

 総合的なまとめです。


# 受験当日



●「受験会場」
  
  
  12月5日、MIDI検定試験3級を受けてきました!
  
 私が受けたのは楽器店のスタジオで、15人くらい(?)の受験者がいる会場でした。
  
  
 年齢的には20〜30代だと思われる人が多かったかな。男性がほとんどでしたが、女性の方も数人いました。

 試験の進行なども、一般の資格試験などと同じようなものですし、楽器店のスタッフの応対も丁寧でよかったです。
  


 ●「試験開始」


 特に不安があったわけではないんですが、唯一心配していた点を挙げると「例年と問題傾向が変わる」ということでしょうか。

 まだ若い試験だし、運悪く今年度の試験で問題傾向がガラっと変わってしまうなんてことがないとは言えませんしね。

 まぁ結局はそれも杞憂に終わり、出題も例年と変わりはなく、テキストや過去問にしっかり目を通していれば全く問題ない内容だったと思います。

 実際、他の受験生の方も、退出可能時間になったあたりから徐々に帰っていきました。私も一度全部見直しをしてもまだかなり時間に余裕があり、試験終了時間を待たずに退出しました。

(見直しをしてたら、勘違いをしてた部分を発見しました(汗、、)見直してみるものですね(笑))



●「翌日」


公式サイトに解答が掲載されていたので、自己採点をしてみると、

100問中正解が99問でした。

なんか悔しいですね(^^;  

ちなみに間違えた問題は、  

「ピッチベンドレンジを変更するために使う、コントロールナンバー101のRPNのMSBの値を問う問題」  

でした・・・。なかなかマニアックな問題ですよね〜(^^;



MIDI検定受験記へ戻る

DTM・DAW作曲講座トップ

  Copyright(c)2005 SHUUICHIROU NISHIO All rights reserved.